移転しました。

パンプキン・シザーズや機甲兵団J-PHOENIXや電脳戦機バーチャロン、MGSに三国志やガンダムなどのメカを中心にお絵描きしたり、語る日記です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-01-23 [ Wed ]
タイトルはあまり関係ないです。
昨日の続きを書いていこうと思います。

さて、張任、劉封と続きお次は蜀の後期を支えた将の一人『王平』です。


姓は王、名は平、字は子均。母方の姓である何平と名乗っていた時期がある。
漢中攻防戦の際、漢中の地理に詳しいことから、曹操に郷導使に任命されたが、同僚の徐晃と仲違いし、殺されかけたので、陣に火を放って劉備に降り、以後蜀の武将として仕えたことになっている。
街亭の戦いでは、山頂に陣を敷き逆落としを掛けるのが上策と言う馬謖に反対し、王平の部隊は馬謖とは別行動をとる。馬謖が諸葛亮の命令を無視したために、魏の武将張郃によって蜀軍は大敗してしまうが、王平の指揮する部隊だけは踏みとどまって殿軍を務め、整然と行動したため、張郃は伏兵があるかと疑い、追撃の手をゆるめ、これにより全滅を免れた。
また南蛮戦(南征)でも活躍している。
諸葛亮は臨終の時、忠義の士として廖化や馬岱らとともに王平の名前も挙げている。


演義での出番は少ないけれど優秀な武将ですね。
家が貧しかったために若くから戦場に赴き、武勲を手にしてきたたたき上げの武将です。
そのため読める漢字は10文字程度だったというのが有名ですね。
しかしながら記憶力が非常に良く、口述筆記させた文章は道理に適っていたという。

『史記』・『漢書』を人に読んでもらってその大略をつかみ、論じては要旨を捉えていた。
法律を忠実に履行し、戯言を口にせず、終日端座するという武将らしからぬ様子であった。と記されている稀なタイプの武将ですね。
若き頃から戦場に出陣していたため学問を積めなかったと言わず、努力して兵法や学問を身につけるその心は私も見習うところが多いです。


最後に紹介する武将は、若き頃から学問が好きだった魏の将『李典』です。

姓は李、名は典、字は曼成。
謙虚な人物で、若い頃は武芸よりも学問を好んだという。
190年、陳留で挙兵した曹操の下へ乗氏県から三千騎の一族郎党と食客を率いて馳せ参じた、従父・李乾に従って行動を共にした。
夏候惇や曹仁の副将などで出陣するこが多く、輸送隊の護衛や後詰めなどの役割を果たすこともある。
208年の赤壁の戦い以降は、張遼や楽進と共に合肥に駐屯して、翌209年に呉の孫権の侵攻を防いでいる。

しかし、李典はかつて従父・李乾を殺害された経緯から、旧呂布の部将であった張遼とは険悪の仲だった。そのために、いつも作戦を巡っては常に対立していたが、楽進の仲介もあって、『国家の大事に私情は差し挟めない。』と言って張遼と共に協力し合った。やがて、李典は歩兵八百を率い、逍遙津にて奇襲で十万人の呉の軍勢を迎え撃ち、果敢に撃退したという。
演義では太史慈を討ち取った功績もある。


学問を多く学んだ彼は優れた兵法も持ち合わせていたようですね。
公私を混同せず、国家の一大事ならば過去に囚われず共に敵を迎え撃つと言った彼は武将の鑑とも言えましょう。
影に日向に大将を武や知略で助け、的確な助言など常に冷静沈着なところもカッコイイですね!
ゲームでも武力よりは知力で君主や将軍を支える感じですね。


桃園の誓いの3人や一騎当千の武将もいいけど、こういった知略や努力などで君主や将軍を支えた武将たちも大変素晴しいです。
昨日から今日にかけて紹介した4人の武将が私の中では№1です。輝いてますっ

今日はここまで!
スポンサーサイト
2008-01-23 [ Wed ]
三国志にハマってしまいました。
最初の頃の更新スピードは普通なんですよね。
こんばんは、Pomです。

そんなわけで今日は三国志について書こうと思います。
いいですよね三国志演義!
私はどちらかと言うと演義よりな人間なのですが、史実の方もやはり味があっていいですね。
一般に私たちが話す三国志は演義よりな話が多いですね。
諸葛亮が風を起こしたというものや南蛮という種族が像や獣を使って戦うなど、現実の話を大きく言ったりするのは演義のものですね。
三国志の詳細はココで見てください。

三国志といえば一騎当千の武将や知略に長けた軍師や文官などが数多く存在します。
その中でも今日は私がお気に入りの武将を簡単に紹介したいと思います(演義中心で)。

まずは、鳳雛を討ち取った猛将である『張任』からです。
姓は張、名は任、字は今の所不明なのかな?
生家は貧しかったもののその勇猛さなどが買われ劉璋の配下となる。
劉備の危険性を説き劉備の入蜀に反対し、龐統の劉璋暗殺の計略から主君を守り、その後の戦において、落鳳坡にて龐統を射殺した。
しかし後に、援軍に来た諸葛亮の計略により金雁橋に出撃したときに敗北し、囚われの身になり劉備に降伏を勧められるが『老臣二君に仕えず』と言い劉備は惜しみながらも刎ねた。
その後に、忠義を曲げなかった張人に対し劉備は感服し、遺体を金雁橋のたもとに埋葬して墓の傍に石碑を立てこれを讃えたという。

大まかに張任がどんな人だったか説明してみました。
やはり忠義の武将というイメージが強い方ですね。
私が始めに読んだ三国志の本が横山光輝氏の漫画だったのですが、やはり張任が活躍したところは未だに覚えてますね。
乱世にあって忠義を貫かんとする志は漢を感じますね!!

因みに、3Empでは無双武将でないものの張任を操作して遊ぶことが出来ます!
龐統を射殺した活躍が評価されたのか一般武将の中では10本の指に入る強さに設定されています。
一般武将でありながら得意属性があるなど優遇されています!!


お次は悲劇的な生涯だった劉備の養子である『劉封』です。
姓は劉、名は封、字はこちらも不明かな?
樊城の県令の劉泌の甥で、彼の器量に惚れた劉備の養子となった。
諸葛亮の指揮下で主に関平らと共に活躍するようになるが、後年の219年に、劉封は確執関係にあった義理の伯父の関羽を孟達の進言で見殺しにしてしまう。
翌年に孟達の裏切りで、徐晃・夏侯尚率いる魏軍に大敗を喫し、止むなく成都に逃れた。
怒った劉備はたちまち劉封の処刑を部下に命じるが、劉封が孟達から魏への投降を勧められていた際、怒って投降を勧めた使者を斬って信書を破り捨てていたことを知った諸葛亮らが、処刑の中止を進言するも、一足遅く劉封は処刑されていた。劉備は、一時の怒りで劉封を処刑してしまったことを嘆き悲しみ病に倒れたとされる。

こちらも大まかながら説明です。
やはりお家騒動の原因となると見られたのが一番の痛手ですかね。
劉封は劉禅とは違い、勇猛果敢な人物だったらしいので劉備の死後に劉禅に敵対するのではないかと言われていたようです。
私の意見としては、劉禅より良い国を作れたのではないかと思います。
君主よりな性格ではないにしろ、国を捨てて逃げるようなことは絶対にしない人物でしょう。
現に孟達からの書状も破り捨て打って出た人物ですしね。
立場が危うい中でも劉備の軍勢に残ったのはやはり忠義の表れではないでしょうか。

因みに劉封は三国無双の3Empと4Empでは劉禅より優遇されています。
3Empでは無双武将でないにしても、やや高めのステータスを誇り使い勝手の良い武将です。
4Empでは前作同様に使い易い上に劉備の元へ仕官した時には専用台詞付きなのです!!
仕官時の台詞を聞いたときニヤニヤして画面を眺めてたのは良い思い出です。
コーエーさんはわかってらっしゃる。

まだ書き途中なので残りは明日にします。
今日はここまで!

 | HOME | 

2017-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。